住宅・店舗様向けサービス

防水工事

防水工事防水工事とは、コンクリート建造物の雨や水にさらされる部分を防水処理することで、建物内部に水が染み込むのを防ぎます。
初期硬化によりわずかながらクラック(ひび割れ)が一般的な鉄筋コンクリート構造物には存在しています。最初はまったく影響ありませんが、年月と共にその微小なクラックが大きくなっていき、水漏れなどの原因になります。

なぜ、防水工事が必要となってくるのか?

特に鉄筋コンクリート構造物においては定期的な防水工事が必要になってきます。
漏水は建物内部に損害をもたらすだけでなく、建物の耐久性能が著しく低下し始めます。
その他にも、住宅の屋根・外壁・ベランダなど、雨や水の浸入の可能性がある部分には防水工事を行ないましょう。
防水工事を行なうことで、建物の寿命を長くすることができます。

防水工事の種類

アスファルトシート防水

◆ アスファルトシート防水

新築またはアスファルト防水の改修時に多く使われる工法です。
トーチシートはバーナーによる熱で下地と防水シートを溶着させる工法で従来からある熱アスファルト防水の短所である煙・匂いの危険性を極力おさえてありその防水性・防水施工性も良く信頼性のある強靭ですばらしい工法と言えます。

バルコニーウレタン防水

◆ バルコニーウレタン防水

防水工事の中でも最も一般的な工事であり、最近の改修工事の比率の急増とともにウレタン防水の需要も増えています。その特徴は、防水層が軽量であり建築物に負担をかけない点と、ウレタン塗膜が複雑な収まりにも容易に対応でき、防水面に継ぎ目のないシームレスな防水層を形成でき、定期的なトップコートの塗り替えをすることで、防水層を紫外線劣化から長期にわたり防ぎます。

屋上ウレタン防水

◆ 屋上ウレタン防水

全く新しい発想で生まれた機械化スプレー方式の防水工事のウレタン防水工法です。新開発の技術により従来のウレタン防水の2倍以上の強度、工期短縮、安定した品質、省力化。適用範囲の広さをはじめ、従来の工法とは全く違った色々な、特徴があります。さらに無溶剤、廃棄物低減等環境にも優しく、今までにない画期的な防水工法なので様々な分野で活躍しています。